購入する際の注意点

家電や車のように、いざとなったら買い換えたら良いと気軽にいかないのが、住宅購入です。新築一戸建てを購入する際の注意点を抑え、なるべく後悔が無い決断をしたいものですね。

新築一戸建てを購入する際の注意点として抑えておきたいのは、明確な予算です。予算があやふやでは、いざ心奪われる物件に出会ったとしても、よくよく計算をしてみると諦めざるを得ないという羽目になってしまいます。

特に新築一戸建てを購入する際の注意点として、土地家屋の価格だけではなく、その他諸費用が百万円単位で必要になるという点も忘れないようにしておきたいものです。

住宅様様になり、毎日の生活が苦しいというのでは、幸せなマイホーム生活は送れません。ある程度の貯蓄も残すことが出来る予算を出してください。

そのうえで、次に大切な事は「立地」です。新築一戸建てを購入する際の注意点として抑えておきましょう。

ひょっとすると一生その土地に住むことになるかもしれない「場所」は、慎重に慎重を重ねるべきだといえるのです。

今が便利なら良い、という事ではなく10年先20年先を見越して考えることをお勧めします。幼稚園が近いからという理由で住宅を購入しても、中学校はバスで通学しなければならなくなるかもしれません。

子供が巣立ってからも、住んでいて心地よい場所かという点を考慮すると良いですよ。

予算とエリアが明確になったら、次に新築一戸建てを購入する際の注意点として気をつけたいのが、誠実な不動産屋を見つける事。まずは地場に根付く、信頼感のある不動産業者にお任せすると安心です。

税金

これから新築一戸建てを購入する方は、税金についてしっかりと把握しておくことが重要です。税金は、住宅ローンでは支払えません。

まれにローンに組み込むことも出来ますが、金利は高く設定されますのでご注意を。やはり現金を用意しておく必要がありますので、購入前に把握しておきましょう。

新築一戸建てを購入する時にかかる税金は、大きく分けて5つ。まずは、登録免許税が必要です。この登録免許税は、国税として徴収されるのですが、土地の所有権が変わる為の登記、家屋の所有権保存のための登記、そして住宅ローンに対する抵当権の設定を行う登記にかかる税金です。

また新築一戸建てで国税として支払う税金には、印紙税も課税されます。売買契約書、建築工事請負契約書、金銭消費賃貸借契約書など、必要な書類に 課税されるのです。

また住宅購入のためにお金を贈与された場合、贈与税も国税として課税されますので覚えておきましょう。

その他、新築一戸建ての税金といえば、都道府県税として不動産取得税というものもありますが、軽減措置もありますので課税がない事もありますよ。

このように、新築一戸建てを手に入れるには、多くの税金が課税されます。ですが減税措置もありますので、確定申告はしっかりと行うようにしてください。

新築一戸建てを手に入れた年に確定申告を行えば、減税措置を受けられたり、税金が戻ってくることがありますよ。この点も、忘れないようにしてくださいね。

寒い

気密性の高いマンションにお住まいだった方は、特に戸建住宅を寒いとお感じになるようです。特に上下左右に挟まれた部屋だった方は、口を揃えて言われます。

ですが今の新築一戸建て住宅は、寒いと感じさせない造りが多くなっていますよ。よく耳にするのは、高気密高断熱の家ですね。

高気密高断熱という家は、文字通り気密性が高い密閉された空間を意味します。新築一戸建てでは寒いと思われがちですが、最近の家は暖かさを感じられるよう、高気密高断熱の設計となっていますので、昔ほど寒さは感じにくいでしょう。

ただ新築一戸建ては寒いという事で、あまりにも高気密な家を建ててしまうと、夏場は暑いのではと思われがちですが、実は夏の暑さ対策にももってこいなんです。

夏場の暑さは、温度よりもジメっとした空気である湿度が、不快さに関係してきます。湿度を低く保つことが、夏場に快適さをもたらすのです。

高気密住宅でなければ、湿気は外から入り込んできますので、不快さが減りません。クーラーを入れても、寒いだけで不快感は変わらないのです。

ですが高気密高断熱の仕様であれば、気密性が高い為に、湿度が高くなり辛いというメリットがあります。

新築一戸建てを建てるなら、例え夏の暑さが厳しい地方でも、高気密高断熱の家を求めた方が良いという事が分かりますね。

新築一戸建ては寒い、というのは家の建築方法によるのだという事が分かります。

中古住宅

家を購入する時、新築一戸建てにするか中古住宅にするかで迷う方も多いですよね。エリアにもよりますが、新しい中古住宅が販売されていると、心が揺れ動いてしまいます。

まず、新築一戸建てだろうが中古住宅であろうが、ポイントにしたいのは敷地の条件です。家を買うという事は、同時にその土地も自分の所有となるはずですから、しっかりと吟味して後悔が無いようにしましょう。

まずは、日当たりなどを考慮する事が大切です。日照条件によって、毎日の生活満足度は高くもなりますし低くもなります。

また周辺の道路の状態もチェックしておきたいもの。交通量や、道の幅などを確認し、不便を感じさせないかどうかは見ておきましょう。

新築一戸建てであれば、整地されているかどうかも確認が必要になります。ただ中古住宅と同様、新築一戸建てでも建売りでの販売であれば、整地されている状態である事が多いです。

新築一戸建てと中古住宅の違いと言えば、建物の鮮度になりますが、それが関係してくるのは、まず税金面ではないでしょうか。

住宅ローン控除を受けられる基準が、新築一戸建てと中古住宅では異なりますので注意が必要です。

また住み心地という点で、あまりにも古い家屋であれば暑さ寒さがダイレクトに感じられたり、耐震性に不安を感じる物件もあるでしょう。

中古住宅はリフォームにかかる費用なども新築一戸建てに比べると大目に考慮すべきですから、トータル的なコストで考える事も選択の材料になるかもしれませんね。

大阪市エリアの住みやすさ

大阪市は治安が悪いなどというイメージもありますが、実際に住んでいる方の意見を伺うと、全体的には住みやすいという答えが返ってきます。

確かに夜の独り歩きや防犯面に関しては気をつけるべきですが、これは全国の他の主要都市でも同じこと。

大阪エリアの住みやすさとして考える時、ある程度の基準を持って探せば、とても良い街だと評価は高いようです。

例えば、お子さんをレベルの高い公立の小中学校に通わせたいと願う、教育熱心なファミリー層が集まる地域では、大阪市エリアの住みやすさの中でも「教育」を念頭に考えると、非常に良好だと言えるでしょう。

また大阪市エリアの住みやすさで人気が高いのは、大きな公園や大阪城がごく近くという地域です。

たくさんの自然に囲まれ、スポーツも楽しむ事が出来ると、幅広い年代の方から好まれています。

商店街が多く、人情味溢れる区域も、大阪市エリアの住みやすさ上位に挙がっています。子供がつまづいただけで、周りの人たちが心から心配してくれますし、実際に助けてくれる場面も多く見られるようですよ。

大阪市エリアの住みやすさは、交通アクセスも非常に発達している事から、人気は高まっている模様です。

閑静な住宅街もありますし、現在土地開発や新築分譲区画も大規模に進められていますので、新しく生まれ変わりつつある状態です。

よき古さも残しつつ、大阪のパワーに溢れた大阪市エリアの住みやすさは、一度住んでみないと実感できないかもしれませんね。

[参考サイト]
大阪市 新築一戸建 – 人気の新築物件はすぐに完売しますよ

大阪市内の新築
天王寺区 新築一戸建
阿倍野区 新築一戸建